神戸駅から徒歩3分

メール予約受付

法律相談の電話予約はこちらから

078-362-2411

受付・営業時間 平日:09:00~19:00 土曜:11:00~15:00

ファクタリング

最高裁判所が過払金の返還を認め、貸金業法の規制が強化されため、貸金では、もうからないので、ファクタリングという売掛金を債権譲渡する方法により、企業に資金調達するビジネスが増えています。
売掛金の資料、自社の資料をファクタリング会社に提出して審査を受け、審査に通ると売掛金について売買契約をして、債権譲渡登記をして、債権譲渡通知はせず、売掛先には連絡せず、資金を送金してきます。資金調達を受けた企業が、売掛先から支払を受け、ファクタリング会社に支払を受けた売掛金を送金することになります。
ファクタリングはお金を動きは、貸金と同じですので、貸金と売掛金の譲渡担保でないかが問題となります。
ファクタリングの売買代金を元金と考え、売掛先から回収した売掛金を返済額として計算した場合、出資法の上限金利である109.5%を超える高利であることがしばしばです。
大阪地方裁判所平成29年3月3日判決は、ファクタリングについて、金銭消費貸借に準じるものと認め、利息制限法の適用を認め、過払金の返還を認めています。

無料相談受付中!

078-362-2411

受付時間|平日:09:00~19:00 土曜:11:00~15:00

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 弁護士紹介
  • 解決事例
  • 弁護士費用
  • アクセス・事務所紹介
  • ご相談から解決までの流れ

専門サイト

  • 藤井義継の離婚相談室
  • 相続・遺言の無料相談
  • 神戸の家族信託・民事信託
  • 交通事故相談サイト
PAGETOP